“かかとのガサガサ”…お勧めの改善法をご紹介します。

今回のテーマは、 “かかとのガサガサ”

こんにちは、最新の “ヘルスケア情報” を、いち早くお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回のテーマは、 “かかとのガサガサ”

……お勧めの改善法をご紹介したいと思います。

かかとがガサガサになる原因

ブーツやタイツを履く季節から、薄着になる季節になりましたね。

素足にサンダル履くスタイルが、これからどんどん多くなります。

そうすると気になるのは、ふとした瞬間にみえる部分…… “かかと” です。

ひび割れていたり乾燥して、かかとがガサガサしていると、せっかくのキレイな格好も台無しです。

見えないところだからと気を抜いていると、恥ずかしい思いをすることになってしまいますよ!

ふだん体重がかかり、靴などの摩擦を受けることで、皮膚はその摩擦から守ろうと角質はどんどん厚くなり固くなります。

サンダルやミュールなど、摩擦の大きいものを履くと余計にかかとは乾燥し、固くなるのです。


かかとが乾燥する原因は、疲れやストレス、それ以外に疑われる原因は意外にも便秘だったりもするんです。

便秘気味の人は、角質がたまって乾燥して固くなる場合があるんですよ。

足の裏は、健康のバロメーターと呼ばれている場所でもあります。

角質がたまりやすく乾燥し固くなっている人は、便秘などの消化器官の調子が悪い人と言われています。

また、メタボリックシンドロームなどの代謝異常や食生活の偏りからも、乾燥を引き起こす原因になります。

そして見た目だけでなく、怖いのがこの乾燥しているところに細菌が入り込み、細菌感染や水虫になる可能性です。


それから、外部刺激や乾燥、ターンオーバーなどの乱れも原因です。

ターンオーバーの乱れは、老化やストレス、寝不足や血行不良が要因とされています。

かかと以外だけではなく、生活習慣が乱れると、肌荒れや高血圧、糖尿病などの様々な生活習慣病リスクを高める原因にもなるので、どうか気を付けて下さいね。

むやみにヤスリで削り落とすケアは要注意!

また、厚くなって固くなったからといって、むやみにヤスリで削り落とすケアは要注意です。

一時的には角質がなくなるので、つるつるときれいにはなりますが、削りすぎると更に厚くなってしまうからです。

角質が削られることで、細胞組織が肌を守らなくてはと、皮膚が防御反応を起こすのです。

また、ヤスリでケアをすると、回りの組織まで傷つけてしまい、本来柔らかい皮膚も刺激をつけることで防御反応を起こしてしまい、どんどん固くなる部分が増えていくだけなんです。

そのため、やすりでのケアはなるべくほどほどに行いましょう。

削りすぎれば傷ができ、感染症を引き起こす場合もありますので注意が必要です。

正しい角質ケアをしましょう!

固くなってしまったかかとの正しいお手いれ方法としては、古い角質の除去と保湿ケアです。

かかとのケア商品は、様々な商品があるため、どれを使っていいのかわからず、どれが肌にあうのかもわかりません。

むやみに使っても傷つけるだけだし、水虫や感染症を引き起こす場合だってあります。


そんな時におすすめのお手入れ方法が、かかとファイルを使ったケアです。

かかとファイルと化粧水、ハンドクリーム、サランラップを使います。

入浴やフットバスを用いて、固くなった皮膚をふやかします。

柔らかくなったほうが、無理に皮膚を傷つけず、力を入れなくても角質を除去できるからです。

軽く拭いてから、乾燥や角質がひどい場合は、荒い面で優しく削ります。

乾燥がそんなにひどくない場合は、面の細かいところで優しく一方方向に動かして余分な角質を除去します。

ファイルを使って角質除去したところを、面の細かいところで軽くこすって仕上げをします。

タオルドライ後、たっぷりの保湿化粧水とハンドクリームを塗り込んで、ラップをしてパックをします。

就寝前ですと、そのまま靴下をはいて寝ても大丈夫です。


ファイルを使って削るときは力をいれないことと、削る前は角質をお風呂やフットバスなどで柔らかくしてから行うことを必ず守ってください。

削ることよりも、保湿をしっかり行うことを重点にすることがポイントです。

ハンドクリームがない場合は、白色ワセリンもおすすめです。

保湿効果がとても高く、赤ちゃんでも使えるくらい、肌に優しい保湿剤です。

また、最近ではピーリングジェルを使った角質ケアも登場してます。

パックみたいなジェルシートを足の裏全体につけてしばらく時間をおき、パックを外してしばらくすると、角質が自然にぼろぼろ落ちてくるというお手いれ方法です。

ですが、このピーリングジェルは肌への刺激が強いため、人によっては肌に合わずに湿疹やかゆみが現れてしまい、皮膚科へいく場合があるので、必ずパッチテストを行い、肌に合うものを使う必要があります。

さらに、本格的に角質をケアしたい場合は、フットケアサロンやエステサロンがおすすめです。

専門知識のある方が施術を行うので、肌に優しい化粧品や、角質除去アイテムをしようして行います。

また、サロンによってはアロマオイルなど香りに癒されながら行う施術や、足つぼマッサージやリフレクソロジーなど、様々なメニューがあるため、むくみや乾燥、ストレスや疲れを感じている人には、サロンでのケアがおすすめです。

かかとファイルを使ったホームケアを動画で確認!

かかとファイルを使ったケアを、もっと具体的に動画で見てみましょう!

新宿区神楽坂 整体&フットケアサロンペディスマイル森崎さんによる説明をどうぞ。

“かかとのガサガサ” を改善するおすすめアイテム

“かかとのガサガサ” を改善するおすすめアイテムは、「クリアフットベール」になります。

ガサガサの乾燥やひび割れなどから起こる感染症や水虫など、あらゆる原因物質から肌を守り、バリア機能を向上させて、ガサガサかかとを、つるつるのキレイなかかとにしてくれます。

ストレスや食生活の乱れ、日頃歩き回る仕事をしている人のかかとや足裏は、乾燥してガサガサしている人が多いです。

お手入れをしようにも、軽石でごしごし擦ってしまっているので、さらにかかとの角質は厚くなりすぎ、さらにガサガサの厚みのある皮膚になってしまっています。

臭いも悪化し、靴を脱いだときに強烈な臭いを発します。

そんなお悩みを解決してくれるのが「クリアフットベール」なんです。

有効成分は、「竹酢液」「サリチル酸」「CPL」が効果を発揮します。


【竹酢液】

竹酢液は、竹に含まれている成分です。

この【竹酢液】は、原因菌に徹底的にアプローチし、悩みの種の活動を抑えて、肌リズムを覚醒させる働きがあります。

抑え込んだ原因物質を、どんどん体外へ排出してくれます。

さらに、竹酢液は滑らかな肌に整える働きがあります。

しつこい悩みのたねが、皮膚の奥ふかくに潜んでいたとしても、肌トラブルになる心配はありません。


【サリチル酸】

そして肌を柔らかくして成分の浸透を助けてくれるのが、【サリチル酸】です。

角質層を柔らかくするサリチル酸によって、通常の肌の状態よりも角質層への浸透をアップさせます。

これによって、なかなか角質層の奥深くに届かなかった竹酢液の成分が、角質層の奥深くまで浸透して、奥深くに潜んでいた原因菌を撃退します。

今ある悩みも解決しつつ、今後再発しないように、しっかりとかかとを守ります。


【CPL】

そして、浄化や利府列し、整肌、肌ガードに優れた成分が【CPL】です。

日常生活の至るところにある原因菌から、肌を守ってくれる成分です。

今まで守りが弱かったため、何度も悩みを繰り返し、ガサガサかかとになっていましたが、この成分が繰り返す悩みを撃退します。


実際なにもしないかかとや足裏は、皮が目くれ上がったり、全体的に白くかさかさ粉をふいていたり、ひび割れている状態ですが、クリアフットベールを使って手入れをした足裏は、皮のめくれや白く粉をふいた皮膚、ひび割れたかかとはなく、足裏はつるつるで、まるで赤ちゃんの足裏のようです。

お手入れ方法も簡単で、ガサガサしたかかとがつるつるで、なおかつ臭いや水虫など、あらゆる原因物質をしっかり撃退!

しかも肌に合わなければ全額返金保証や、専門スタッフによるアプローチで、しっかりケアができます。

また、容器も変に“水虫”とか書いてないので、お部屋に置いても恥ずかしくありません。

そのへんも含め「クリアフットベール」をお勧めしますよ♪

女性でも安心!かかとのガサガサに『クリアフットヴェール』詳細・ご購入はコチラへ


■LINK
  • 美しい素足を手に入れたい!かかとのガサガサのケア - 肌らぶ
    かかとがガサガサする、素足を見せるのが恥ずかしい、実は何度も同じ症状を繰り返している等、かかとの乾燥で悩んでいませんか?ガサガサかかとに自宅でできる対処法と、美しい素足のために日ごろから心がけたいことをご紹介します。

  • 女性を悩ませる足のかかとのガサガサ! 3つの原因
    乾燥厳しい冬は終わりましたが、春でもガサガサのかかとに悩んでいるという方は依然として多いのでは? 女性を悩ませる足のかかとのガサガサの原因は何なのでしょうか。また、しっとり綺麗なかかとを手に入れるための改善方法もご紹介し ...